妊活・妊娠に関する情報を提供しつつ、マカ・葉酸・タンポポ・ビタミン・ミネラル等の妊活をサポートしてくれるサプリをご紹介します。

夫婦で妊活

夫婦で妊活(2)~夫婦妊活を始めるにあたって

 

夫婦妊活 すべきこと

妊活を始める前にしておいた方がいいことって何かあるのだろうか。そんな疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。もちろん、いろいろできることがあります。

今回は、妊活とはどういうことをするのか、妊活を始める前にどういったことをしておいた方がいいのかといった疑問について、今更聞くに聞けないなと感じているあなたの問題解決に繋がるように、Q&A方式で回答していきたいと思います。ぜひ夫婦で読んでくださいね。

 

1.妊活って具体的にどんなことをするの?

まずは、基礎体温をつけてみましょう。基礎体温をつけてみて、いかに自分の生理周期が乱れているかを知ったと言う方もいます。自分の体のことをよく知ることが、妊活の第一歩になります。

次に行うことは、排卵日の予測です。排卵検査薬を使用しても構いませんし、実際に婦人科に行って排卵日を予測することも可能です。婦人科での検査を行うことで、自分で検査薬を使用して予測するのに比べて、精度は上がります。なかなか予測が難しいと思った方は、婦人科で予測してもらうのもいい方法ではないでしょうか。

また、生活習慣の見直しも重要です。偏った食生活やお酒の飲みすぎは、ご自身の体にも子どもにもよくありません。いい卵子を作るには、体の調子を整えることも重要です。サプリメントも効果があります。

他にも、適度な運動を行うことも重要です。運動は、女性のホルモンバランスを整える効果があります。ホルモンバランスが崩れてしまうと、生理周期がバラバラになってしまい、不妊の原因になりかねません。妊活中は適度な運動を行っていきましょう。

最後に重要となるのが、ストレスをためない生活です。こちらも、ホルモンバランスを崩す原因になります。仕事を行いながら妊活をする場合は、特にストレスにさらされやすいかもしれません。旅行やパーティー、読書など、ストレスをうまく解消する方法を見つけ、実践することも、妊活の一つです。ホルモンバランスを調整するマカやノニなどのサプリメントも活用しましょう。

 

2.妊活を始める前にやるべきことは?

妊活を始める前にと言いますか、始めるにあたりすることを確認しましょう。まずは、婦人科にかかり、婦人科系の病気がないか調べてもらうといいでしょう。

妊活を始めてから、ちっとも子どもができないと思い悩む前に、実は病気のせいで子どもができなかった、排卵そのものに問題があった、ということがわかっては時間の無駄使いにもなります。妊活に挑むのであれば、万全のコンディションで挑むことが重要といえるでしょう。

次にやっておくべきこととしては、予防接種です。これは賛否両論ありますが、風疹ワクチンの予防接種は推奨されています。

妊娠初期に風疹にかかると、子どもに影響があるといわれています。つまり、妊活を始めてから受けるのでは遅いのです。ですから、妊活を始める前に予防接種を受けることを、婦人科で相談するというのも必要な手段といえます。

 

3.まとめ~夫婦で妊活を始めるにあたって~

いかがでしたでしょうか。妊活は、よしやろうと思い立ってすぐにできることではありますが、前段階で準備を行うことで、さらに確率を高めたり、安全に妊娠を迎えることができたりするといえます。

妊活を始めるにあたり不安なことがあれば、婦人科で相談しながら行うこともいい方法といえるでしょう。素敵な妊活ライフを送りながら、子どもを授かることができることを祈っています。